借金返済最低額比較 実際に返済額が低いのはどこ?

借金返済最低額比較 実際に返済額が低いのはどこ?

 

月々の返済額を少しでも少なくしたいという方は多いです。

 

各消費者金融や、銀行カードローンで金利の幅は異なってきますが、

 

実際にお金を借りた場合の借金返済最低額はいくらになるのでしょうか?

 

 

消費者金融と、銀行カードローンに分けて比較していきます。

 

金利よりも実際の返済最低額を比較することが重要なので、確認してみてください。

 

消費者金融では、プロミス、銀行カードローンではバンクイックの返済最低額が低いです。

 

 

消費者金融金利比較
 

借金返済最低額比較 実際に返済額が低いのはどこ?

 

プロミス 4.5 − 17.8 %

 

SMBCモビット 3.0 − 18.0 %

 

アコム 4.7 − 18.0 %

 

アイフル 4.5 − 18.0%

 

新生銀行カードローン レイク 4.5 − 18.0 % 

 

 

 

消費者金融返済最低金額比較
 

 

プロミス

  

 

返済最低額

 

借り入れ後残高×3.61% 

 

残高5万の場合 ⇒ 2000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 4000円

 

残高30万の場合 ⇒ 11000円

 

↓30日間無利息プロミスで即日キャッシング※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス

 

↓女性オペレーター完全対応 プロミスレディースキャッシング

 

 

 

SMBCモビット

 

返済最低額

 

借り入れ金額10万以下の場合 4000円  

 

借り入れ金額10万以上の場合 11000円  

 

残高5万の場合 ⇒ 4000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 4000円

 

残高30万の場合 ⇒ 11000円

 

SMBCモビット

 

 

 

アコム

 

返済最低額

 

借り入れ後残高×4.2% 

 

残高5万の場合 ⇒ 3000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 5000円

 

残高30万の場合 ⇒ 13000円

 

 

アイフル

 

返済最低額

 

サイクル制 5000円
約定日制 4000円

 

残高5万の場合 ⇒ 4000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 4000円

 

残高30万の場合 ⇒ 13000円

 

 

新生銀行カードローン レイク

 

返済最低額

 

借入残高によって10万円刻みで変化 

 

残高5万の場合 ⇒ 3000円 

 

残高10万以上の場合 ⇒ 5000円

 

残高30万の場合 ⇒ 7000円

 

 

 

 

銀行カードローン金利比較
 

借金返済最低額比較 実際に返済額が低いのはどこ?

 

 

みずほ銀行 年2.0% − 14.0%

 

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下がります。
引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

 

オリックス銀行カードローン 1.7% −17.8%

 

 

 

銀行カードローン返済最低金額比較

 

 

みずほ銀行

 

 

返済最低額

 

10000円

 

残高5万の場合 ⇒ 10000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 10000円

 

残高30万の場合 ⇒ 10000円

 

 

 

オリックス銀行カードローン

 

 

返済最低額 

 

7000円

 

残高5万の場合 ⇒ 7000円 

 

残高10万の場合 ⇒ 7000円

 

残高30万の場合 ⇒ 7000円

 

キャッシングを利用するなら金利が安い会社を選択

今はいろいろなキャッシング会社があり、会社独自の特典やキャンペーンがあるので、情報を集めて比較検討する必要があります。

 

今すぐお金を用立てなければいけないけれども、貸してくれる人が身近にいないことがあります。

 

一時的に現金を必要としているという場合は、キャッシング会社から融資を受けて、後になってから借りたお金を返すといいでしょう。

 

この頃は、ネットを使って情報集めがしやすくなっており、借りやすそうな金融機関探しはネットを使うのが最適です。

 

この頃は、ネットを使えばキャッシング会社の情報を集めることができますので、

 

どのキャッシング会社なら金利を低く抑えられるかを、手軽に調べることができます。

 

金利が安いと言う事は、それだけ無駄なお金を支払う必要がなくなるので、一番に重視すべきポイントになります。

 

金利については、できるだけ安いキャッシング会社から借り入れするようにしましょう。

 

最近では、低金利のキャッシング会社ばかりでなく、金利0%のキャッシング会社もありますので、条件が合えば利用してみるのもいいでしょう。

 

利息をつけず、融資金と同じ金額の返済で済むというものなので、キャッシングをお得に利用できます。

 

キャッシングを選択する時には、自分がどんなふうにお金を借りたいかを見極めた上で、条件に合致したところを見つけることが、大事なことといえます。

 

返済までの見通しをつけて、確実に返せる範囲でお金を借りるようにすることが、キャッシングのコツです。

 

キャッシングは以前に比べて、随分と利用しやすいイメージがありますが、返済計画をしっかり立てた上で、利用するようにしましょう。