デンタルローン比較 webで審査可能 歯の治療でお金が足りないなら銀行ローン

デンタルローンで60万の歯列矯正をしたい!月々最低いくら支払う?歯科ローンおすすめは?

 

デンタルローン審査

 

一番安い金額でデンタルローンを月々支払っていきたいのはニーズとしてあります。

 

デンタルローンは数千円単位での支払いは可能なのでしょうか?

 

実際、デンタルローンにも色々あり、比較検討したほうが得策です。

 

一言でデンタルローンといっても、金融機関で金利も色々で、信用状態(返済能力)属性によっては、低い金利でお金を借りれます。

 

デンタルローン審査可能な金融機関もそれぞれありますが、月一万円程度で治まる場合があります。

 

当ページでしっかりデンタルローン比較してみてください

 

バンクイックは、三菱UFJ銀行カードローンです。

 

融資&入会金年会費がかからないのが最大の魅力です。

 

 

 

金利:金利年1.8%〜年14.6%

 

限度額: 500万円までご融資!

 

最短 利用OK: テレビ窓口でカード受取OK!

 

利用手数料:三菱UFJ銀行、提携コンビニATMで利用手数料0円

 

 

 

 

現在のみずほ銀行の変動金利は年3.375%です。

 

返済完了まで変わらないと仮定すると、

 

60万円を最長の7年で返済した場合、月々の返済金額は約8,000円です。

 

7年間は長いということであれば、もう少し短い期間にして、

 

返済金額を上げることも可能です。

 

また、途中で金利が上がってしまうと月々の返済金額も増える可能性があるので、

 

繰り上げ返済してしまうのも一つの方法です。

 

 

みずほ銀行カードローン 詳細 

 

 

 

楽天銀行カードローンは楽天ポイントなど

 

楽天のサービスを使っている人に人気のカードローンです。

 

パートアルバイトの方にも楽天銀行カードローンは人気ですね。

 

 

楽天銀行 詳細はこちら

 

 

第4位 りそな銀行デンタルローン

 

りそな銀行にはデンタルローンという商品はありませんが、

 

多目的に利用可能な、フリーローンが該当します。

 

保険適応外の歯科治療相場は数万から数十万ですから、

 

収入証明書不要のスピードローン、

 

りそなのプライベートローンJがおすすめです。

 

利用可能額 10-300万

 

金利 年間6.5%−14.0%

 

最短2時間で審査回答

 

年収、勤続年数条件なし ※安定継続した年収がある方

 

りそなデンタルローン詳細はこちらです

 

 

第5位 東京スター銀行のカードローン

 

東京スター銀行ではデンタルローンでの借り入れが可能です。

 

銀行ならではの低金利借り入れが可能なので、

 

一度公式ページを見てみてください

 

利用限度額が300万円未満であれば収入証明書の提出不要なのはうれしいですね。

 

東京スター銀行詳細はこちら

 

 

第6位 三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行デンタルローンの魅力

 

・限度額は最大800万円
・金利は年4.0 %〜14.5%
・三井住友銀行カードローンは最短30分審査・最短即日融資可能です。
・極度額300万円以内の申込なら、収入証明書提出も不要です。
・借り入れ、返済は、コンビニATM可能です。
・デンタルローン、リフォームローン可能

 

※審査結果の連絡は9時〜21時までになりますのでご注意ください。

 

三井住友銀行カードローン 詳細

 

 

 

第7位 NICOSデンタルローン

 

信販会社系のデンタルローンは使用できる歯科医院が多いです。

 

ただしその分、金利が若干高めです。

 

NICOSデンタルローンでは、年利8.5%で、最長の60回(5年)払いにすると、月間返済額は12、000円位となり、リーズナブルです。

 

→ 三菱ニコスデンタルローン 詳細

 

 

第8位 スマイルライン

 

スマイルラインでは、デンタルクレジットという金融商品です。

 

分割手数料(金利のようなもの)のかなりの部分を歯科医院が負担します。

 

そのためデンタルローン金利も安いのですが、

 

最長の60回払い(5年払い)では60万円の治療費に対して月々の支払いは10,200円となります。

 

治療する歯科医院がスマイルラインデンタルクレジットに加盟していないと利用できませんので

 

確認してみてください。

 

 

 

 

消費者金融でもデンタルローンを組むことは可能です

 

当サイトで紹介しているプロミスモビットアコムアイフル、や

 

アコムACマスターカードでもお金を借りてデンタルローンに当てることができます。

 

おすすめのデンタルローンがいくつかあるので参考にしてみてください。

 

年収300万ですが、デンタルローン借りれますか?という質問が来ますが、

 

初めてのキャッシングなら十分可能です。

 

また、過去に借りたことがある方でもブラックリストになっていなければ、

 

年収にかかわらずお金を借りることができるのです。

 

基本的に安定収入があれば、カードローンは可能です。

デンタルローンの審査に通るか不安

デンタルローン比較 webで審査可能 歯の治療でお金が足りないなら銀行ローン

デンタルローン審査は通過できるでしょうか?

 

モデルケース

 

借入予定額 約80万円(返済予定2年)

 

現在の借金 約70万円(消費者金融40万・クレジット30万)

 

年収 約300万円

 

 

歯の矯正費用としてデンタルローンを利用したいと考えていますが、

 

現在借金が300万ほどあります。

 

すべての借金返済をしてから、デンタルローンを組みたいのですが、タイミング的に返済するよりも矯正を先にしたいので、

 

この状況で審査が通るのでしょうか?

 

 

 

⇒デンタルローン審査は基本的に用途が明確であり、各銀行の審査も通常のカードローンに比べて比較的軽い傾向にあります。

 

つまり、上記の場合でも心配する必要はありません。

 

クレジットの信用調査にブラック登録されてなくて、

 

収入が毎月キチンとあれば不必要に不安にならず、安心して審査に申し込んでみてください。

 

それよりも矯正は早めにしたほうがいいですね。

 

 

デンタルローンは年金生活の60代でも組めてお金借りれる?どうしても歯の治療にお金が必要

 

高齢になってくると歯の治療に関してお金がどうしてもかかってきてしまうことが多く、

 

入れ歯を作ったりインプラントを作ったりするだけではなくそのメンテナンスに関してもかなり高額な費用が必要になります。

 

ですが年金生活をしている高齢者にとっては非常に痛い出費となってしまうことが多く、泣く泣く歯の治療を諦めてしまうと言う人も少なくないようです。

 

そんなどうしても歯の治療に関してお金が必要だと言う人におすすめされているのがデンタルローンと言う、

 

所謂歯の治療を目的として利用できるローンです。

 

特徴としては審査基準がある程度低く設定されているので学生や主婦だけではなく、

 

年金受給者である高齢者でも利用しやすくなっていると言うところです。

 

なのでどうしても歯の治療にお金が必要だと言う年金受給者の場合、

 

デンタルローンを利用することによって安心して治療を続けることができるようになるわけです。

 

さらに嬉しいのがデンタルローンによる医療費は医療費控除の対象になるので、

 

さらに経済的な負担を緩和できるようになっています。

 

ただし注意点としては、基本的に保証人や連帯保証人は必要ないとされているのですが

 

審査結果によっては保証人や連帯保証人をつけなければいけない事もあります。

 

デンタルローン比較 webで審査可能 歯の治療でお金が足りないなら銀行ローン記事一覧

三菱ニコスデンタルローンで歯科治療したい

三菱ニコスデンタルローンで歯科治療したい失った歯をインプラントでなんとかカバーしたい、歯をホワイトニングで綺麗にしたいというように、歯の治療を希望するとき、ネックとなるのが高額な料金です。虫歯の治療などとは違い、保険の適用がされないので、全額自己負担となるからです。では、お金がないからと諦められるか...

≫続きを読む