お金借りる際に勤務先に連絡なしカードローン 電話無しキャッシングおすすめ金融機関

お金借りる際に勤務先に連絡来ない金融機関とは 職場にバレないでお金を借りたい方へ

 

即日キャッシングでお金借りる際に、勤務先に連絡が来ない金融機関はいくつかあります。

 

ただ、銀行カードローンでは職場や会社への在籍把握、在籍確認と称して直接電話してくる金融機関がほとんどです。

 

在籍確認は基本的にすべての銀行カードローン、消費者金融では存在します。

 

一部、プロミス、SMBCモビット、アコム、アイフルなど、大手消費者金融では、職場電話連絡なしで審査通過可能なところがあります。

 

もし、あなたが勤務先や自宅に連絡が来ない金融機関をご希望なら、以下を参考にしてみてください。

 

職場に連絡が来ないローンを希望される方が非常に多いのは、身ばれが不安だからです。

 

在籍確認で安心できる金融機関を選んでみてください。会社に連絡行かないカードローンは非常に需要が多いです。

 

勤務先に電話連絡が来ない金融機関でお金を借りるなら

 

SMBCモビットのWEB完結 ◎
→オンライン上で審査申込み、必要書類を提出で電話のやり取りや郵送書類など一切無しでWEB上で審査完結。
  平日14:50までに審査完了すれば、3分後に三菱UFJ銀行口座に振り込みできて便利。
  ※SMBCモビットカードローンは職場在籍確認が必要です。(職場への電話あり) 
  ※職場電話連絡なしはWEB完結のみ。

 

プロミスカードローン ○ 
→プロミス審査申込み時に職場在籍確認無しという希望をオペレーターに伝え、審査に申し込んでください。
  電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに相談ください
  最短30分ですぐに結果がわかるのもプロミスの魅力。

 

アイフルカードローン ○
→アイフルは書類での在籍確認が可能なので、オペレーターに伝えれば職場への電話なしでキャッシングできます。
 審査はありますが、大手消費者金融ならではの安心感があります。

 

アコムカードローン ○
→在籍確認しないと審査できませんが、本人が電話でなくても良い&アコムとは名乗ってきません。
 「○○と申しますが、△△さん(あなたの苗字)いらっしゃいますか?」 ⇒ これだけでOK
 オペレーターに相談で、書類での審査が可能です。

 

ちなみに銀行でお金かりるとき仕事先に電話こないところありますか?という問い合わせも多いです。

 

銀行カードローンで在籍確認のない金融機関はありません

 

新生銀行カードローン レイク ×
→在籍確認ができないと審査できません。

 

・オリックスVIPカードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

オリックス銀行カードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

バンクイックカードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

みずほ銀行カードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

りそな銀行カードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

横浜銀行カードローン ×
→職場在籍確認ができないと審査できません。

 

フクホー在籍確認 ×
→職場在籍確認が取れないと審査できません。 

 

ちばぎんカードローン審査不安?在籍確認を安心して通過したい人へ">ちば銀行在籍確認 ×
→職場在籍確認が取れないと審査できません。 

 

 

職場への在籍確認は、なるべくならされたくないものですよね。

 

特に仕事場への電話は一切なしでお金を借りれたらいいですよね。キャッシングの際には誰にもばれたくないものです。

 

特に電話なしキャッシングにニーズが高いです。

 

いくら電話越しに消費者金融名を言わずに個人名で苗字を名乗ってあなたを呼び出してくるとはいえ、電話を受けた社内の人には怪訝に思われてしまいます。

 

一切職場にばれずにお金をかりたいなら、SMBCモビットのWEB完結がダントツおすすめです。

 

プロミスも、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに相談してください。

 

職場に電話連絡されずにお金を借りたい方は、SMBCモビットをおすすめします。

 

他の多くの消費者金融は、ほぼ確実といって良いほど職場在籍確認があります。

 

仕事場への電話連絡、在籍確認は了承の上、キャッシング審査への申込みを行ってください。

 

勤務先への電話確認しないでほしいという意思を伝えれば、職場への電話確認は一切不要です。

 

柔軟なキャッシング審査が可能な金融機関を選ぶようにしてくださいね。

 

また、銀行系カードローン、例えばバンクイックや、みずほ銀行、オリックス銀行、りそな銀行、横浜銀行、三井住友銀行などであれば、

 

職場に電話があってもそこまで不自然ではないですよね。

 

職場在籍確認されたくないという方でも、消費者金融に比べて銀行からの電話ならそこまで気にならないかたも多いかもしれません。

 

SMBCモビットWEB完結以外は職場在籍確認がありますので、気にする方は銀行系カードローンの利用を検討してみてください。

 

上記にも記載しましたが、アイフルも担当者に相談すれば在籍確認なしで審査可能です。

 

※申し込みブラックの方は大手消費者金融の審査には通りずらいのでご注意ください。

金融会社の在席確認なんて何も不安を感じる必要はない! 誰にもばれないキャッシングのすすめ

お金借りる際に勤務先に連絡なしカードローン 電話無しキャッシングおすすめ金融機関

在席確認は、消費者金融でも銀行カードローンでもクレジットカードでもローン会社でも行われます。

 

電話確認がこない金融カードローンをお探しの方は多いですが、在籍確認の無い金融機関は無いといっても過言ではありません。

 

お金を借りる側からしたら、お金をどこかの会社から借りたいと思っている時に、気になるのが勤務先への在席確認です。

 

これが住宅ローンなどであれば誰にバレても平気なものですが、キャッシングになると家族、職場など、

 

誰にもバレたくない思いが強くなり、できるなら在席確認してほしくないと思う事も多いでしょう。

 

特にアイフルで在籍確認なしでキャッシングしたい!という方や、プロミスで職場に電話されたくないという声をよく聞きます。

 

また、お金を借りる歳に勤務先に連絡が来ないカードローンなら、誰にもばれないですよね。

 

キャッシングの際の職場への在籍確認ですが、不安がる必要は全くありません。

 

在席確認がない会社を選択すれば良いに越した事はありませんが、大手消費者金融や銀行はほぼ在席確認を行います。

 

 

まずは在席確認をするかどうかを尋ねるのもひとつで、上記のように、SMBCモビットWEB完結や、プロミス、アイフルは在籍確認に関して柔軟に対応してくれます。

 

 

また、収入証明を提出する時には、源泉徴収を出すのが多いです。

 

とはいえ、最近は上手に偽物の書類を作成する人も増えているので、どちらにしても在席確認はするという事も多いです。

 

基本的に金融会社の在籍確認は必ずあります。

 

パートやアルバイト先、勤務先への電話確認に融通を利いてくれるところがあるということです。

 

 

電話連絡が必須という場合は時間を合わせてもらったり、名乗る名前を打ち合わせしておくと良いでしょう。

 

 

私の経験上、特に何も打ち合わせをしてなく、いきなり在席確認が行われたとしても、別に何もありませんでした。

 

私の場合は保険会社からの電話という事になってました。

 

 

職場の人に何か言われても「親が入院してるからその事で連絡くれるって言ってたから」で終わりました。

 

誰も私が加入している保険会社なんて言ってませんからね。

 

 

保険会社であれば営業時間内に連絡がとれないといけないなどもあり、職場に連絡が来る事もあります。

 

個人名だとすれば

 

「私用の電話なら余程じゃない限り(家族でもないのに)なぜ?」

 

となるので避けた方がよいでしょう。

 

お金を借りる際のキャッシング、カードローン等の在籍確認

お金借りる際に勤務先に連絡なしカードローン 電話無しキャッシングおすすめ金融機関

キャッシングやカードローンの契約を行う際にはしっかり審査を行う必要があります。

 

審査を行ってからは自分で利用しやすい時にカードを利用して引き出しを行うことができるようになりますが、

 

実際、カードローンを利用することができるようになるには、

 

キャッシングやカードローンの会社に申し込みをしてから業者が在籍確認を行います。

 

在籍確認は申し込みを行った時だけ行いますので、頻繁に会社に在籍確認を行うことはありません。

 

審査はしっかりとした返済能力があるかどうかを判断しますので、十分に利用を検討しましょう。

 

またキャッシングやカードローンを利用していくには自分が利用しやすい利息での借り入れを行いましょう。

 

業者の中には闇金融など、暴利の利息をとっている業者などもあります。

 

金利を事前に計算して支払いに遅れないようにバランスよく借り入れを行いましょう。

 

借入したお金には、しっかり責任を持って返済を行っていくことが求められます。

 

返済ができなくなってしまいますとその分の損害金を加算して支払いますので注意しましょう。

 

キャッシングやカードローンの利用には審査が必須です。

 

その際に在籍確認をとります。

 

カードを発行したあとは自由に取引できます。

 

クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

お金借りる際に勤務先に連絡なしカードローン 電話無しキャッシングおすすめ金融機関

キャッシングという用語と、消費者金融という用語は、同じことを指しているものなのでしょうか。

 

消費者金融も、キャッシングも、お金を借りられるという面では同じですが、

 

どのようにしてお金を借りるかや、返す時の方法などで、差があることがあります。

 

どのように返済をしたいか、自分の希望で選べることが、消費者金融の特性です。

 

コンビニからの振り込みもできますし、口座引き落としや、ATMからお金を入れるという形での返済もすることができるようです。

 

一方、キャッシングをクレジットカードで行えば、カードの決済時に支払いが発生します。

 

クレジットカードのキャッシングでは、ATMを介しての融資や返済を続けていると、借りたお金という感覚が薄れがちです。

 

もともとは自分の現金ではないということを思い出して、借りたお金は必ず返すように自分に言い聞かせることが重要になります。

 

消費者金融とキャッシングは、お金を借りるまでに要する日数が違います。

 

キャッシングの申込みをしてから、審査を終えて融資をするまでその日のうちに、最近の消費者金融では多いです。

 

クレジットカードのキャッシングは何日かかかります。

 

今すぐにでも現金を調達したいという人は、消費者金融を利用するといいかもしれません。

 

貸付時の金利にはあまり差はありませんが、消費者金融の方が、申込みをしにくく感じる人もいます。

 

キャッシングであれ、消費者金融であれ、自分のお金ではないことを自覚して、責任感を持って返済するように心がけましょう。

 

お金を借りる際に連絡が来る?在籍確認が不安。在籍確認なし街金はある?

 

キャッシングを行うと申請している内容が虚偽でないのか確認するために、記載している連絡先に電話をする場合が有ります。

 

その際には申請した本人ではなく、家族や勤務先、保証人といった人が対象になってしまうため、

 

家族や保証人などは事前にその旨を報告しやすいのでいいとしても、在籍確認で勤務先に連絡されると困ってしまうケースも出て来るでしょう。

 

この在籍確認ですが借金を申し込むと全ての事案で在籍確認をするのではなく、特定の場合にだけ借入先から連絡が来ます。

 

多いのは銀行からカードローンなどを申し込んだケースで有り、街金といった消費者金融ではその会社の方針によりますが、多くは在籍確認はしていません。

 

銀行などのカードローンは個人の勤務状態を重視しているので在籍確認も仕方ないのですが、

 

消費者金融は個人そのものから返済能力について判断しているので勤務実績も全く関係無いわけではないのですが、

 

最近はパートやアルバイトといった雇用形態の人でも貸し出し対象としているので、無職では無理ですがどんな働き方でも仕事に従事していればいいという考え方を持っています。

 

この在籍確認を行うかどうかは申請する時に申込書に記載していることが多く、その記載内容からどの程度の割合で金融機関から勤務先に連絡が来るのか予測ができるようになっています。

 

連絡をしない場合にはそのように記載していますが、それは「原則として」とか「基本的に」といった表現方法が使われていることが多く、絶対に連絡をしないという表現方法は使っていません。

 

それは借り入れを行った個人の年齢や生活状況から金融機関が判断するもので、特に金融機関から不信感を持たれるような記載内容でなければ連絡が来ることは無いでしょう。

 

それに在籍確認を実際に行われたとしてもキャッシングを申請しているからといった内容を話したりはせず、クレジットカードを作りたいからとか個人が勤務先で就業しにくくなるような確認方法は絶対に取ったりしないので安心して下さい。

 

勤務先への問い合わせはその人の就業実績を知りたいのではなく、

 

申請している勤務先で本当に勤務しているのかを知りたいだけなので、それ以上の内容についてはあまり必要では無いので例え連絡が来ても、

 

それがキャッシングをしたいからだとは分からないようにしています。

 

それでも勤務先への連絡が困るのなら銀行経由の借り入れは行わず、申し込み内容で在籍確認は殆どしないような表現方法を使っている金融機関を選んでみて下さい。

 

 

フリーローンで在籍確認なしの消費者金融情報 大手と中小小金融会社どちらがいい?

 

フリーローンで在籍確認なしなら大手の消費者金融の方が取り扱いしている数が多いので、キャッシングに利用する際はお勧めです。

 

大手の場合はインターネットでの申込みやカードローンを組んだ場合でもカード発行なしで利用できるなど、サービスの幅が広いのが特徴です。

 

また目的がないフリーローンの場合は利用の用途を聞かれる事もなく安心して借り入れをする事ができます。

 

 

更にカード発行なしなら自宅に郵送物も届かないので、家族にバレる心配もありません。

 

金利に関しても競争が激しくなっているので、どこの消費者金融でも金利は下がっている傾向が見られます。

 

 

次に中小金融会社の場合ですが、住んでいる地域によるので、利便性が高いところであれば、大手よりもメリットを感じる事が出来るはずです。

 

また大手に比べると審査基準が緩くなっている所も多いので、大手で審査が落ちてしまった場合でも借りる事が出来る可能性があります。

 

 

他にも地域により大手より人気が高い中小金融会社もあるので、サービスが優遇されている所も増えてきているのです。

 

 

また大手カードローンに比べて地域に根強い所が強みなので、ある程度の融通もきいてくれる所が多いといえます。

 

お金を借りる際に勤務先がわからないといわれると消費者金融側もこまってしまいますよね。

 

返済に関しても大手より親身になって相談に乗ってくれる所もありますし、家族や会社にバレない様に配慮してくれる所も増えてきました。

 

もちろん在籍確認なしで対応してくれる所もありますので、自宅や職場に近い場所にあるなら選ぶのも一つの手段です。

 

デメリットは専用のATMの数が少ないため、返済を行う際には銀行振込などを利用する事が多くなり、振込手数料がかかってしまう可能性がある所です。

 

専用のATMが多く展開している中小金融会社を出来れば選びましょう。

 

また手数料が心配な場合は銀行引き落としに対応してくれる所もありますので、一度相談して見て下さい。

 

借り入れ件数が多くても借りることが出来る所が増えてきているので、大手で審査落ちしてしまった場合にも諦める事はありません。

 

中小金融は大手に比べて独自の審査基準を設けている所が多いので、大手に落ちてしまった事を素直に話して下さい。

 

審査をされる際は隠し事をしても信用情報を調べると直ぐにわかってしまうので、虚偽の申告をするのは絶対にやめましょう。

 

虚偽の申告をするとどこからも信用がされなくなってしまい、キャッシングをする事が出来なくなってしまいますので、注意が必要です。きちんと報告するようにして下さい。