自動車ローン審査

自動車ローン審査

ローンを利用して中古車を購入する人は多いです。

 

いわゆる、カーローン、自動車ローンといわれるものです。

 

自動車を買う際にローン申込みで審査は避けては通れません。

 

 

ここでは、お勧めのカーローンを紹介していきます。

 

 

・金利:1.90%〜2.85%(固定金利)
・借入金額:20万〜1000万円
・借入期間:6か月〜10年
・最短即日回答(土日祝日も審査可)
・新規口座開設不要
・web完結(来店不要)

 

 

 

 

カーローンには幾つかの種類があります。

 

カーローンは銀行形、信販系、ディーラー系が代表的です。

 

金融会社によって審査の内容は違いますが、大体は同じなので、審査に落ちたことがある人は要注意です。

 

審査に落ちてしまっては中古車を購入することはできません。

 

ローンの審査に落ちる場合、何が理由で落ちたかを推測できないでいると、

 

また同じことを繰り返します。

 

ひとつは勤続年数が極端に短いことが原因になっているケースがあります。

 

勤続年数が短いと、すぐに退職してしまうのではないかと予想されてしまうのです。

 

カーローン審査に落ちる可能性がある人として、

 

これまでキャッシングの利用履歴に問題が合った人が挙げられます。

 

延滞や、返済不能を起こしたことがある人は、十分に気をつけてください。

 

また、消費者金融では年収の三分の一以上の借り入れを借入総額で行おうとすると、

 

審査で断られることがあります。(総量規制対象内)

 

銀行での借り入れは審査が厳しいです

 

しかし、その分安心感があります。

 

クレジットカードを持っている人は、付帯しているキャッシングも、

 

借り入れ金額の合計に加算されることがあり、注意をする必要があります。

 

年収が150万円以下の収入が低い人も、中古車ローンを組むのは難しい場合があるので、

 

銀行カードローンで難しければ消費者金融でのローンを検討してみてください。

 

 

銀行カーローンオススメ

 

みずほ銀行 カーローン

 

りそな銀行 カーローン

 

オリックス銀行 カーローン

 

 

消費者金融カーローンオススメ

 

プロミス カーローン

 

アコム カーローン

 

モビット カーローン

 

レイク カーローン

 

アイフル カーローン

 

キャッシングの返済には、収入が安定していることが大事です。

 

そのため、短期で仕事をやめる人が多いトラック運転手やタクシーの運転手も、審査を通過しづらいといわれています。

 

中古車購入の際にローンを組む場合には、

 

なるべく審査に通るように前もって条件を整えておくことをオススメします。

自動車ローンの種類 車買う前にローンをチェック

 

中古車ローンは、一回の支払いで中古車が購入できないような時に利用する金融商品です。

 

中古車購入時に使えるローンには、最近たくさんのバリエーションが出てきています。

 

審査基準は高く、貸付条件がいいのが、銀行のマイカーローンです。

 

正社員として5年以上勤務しており、給料が振り込まれる銀行グループであれば、ローン審査に通りやすくなります。

 

金利が低く、審査に通ることさえできればとても条件のいい金融商品なのがマイカーローンです。

 

審査に通りそうな人ならば消費者金融よりも銀行系がおすすめです。

 

銀行系ローンに対して、金利は少し高めなのがよく利用されている信販系やディーラー系のマイカーローンです。

 

中古車販売会社などでも勧められるローンです。

 

一見低金利での融資ができそうに見えても、実は保証料や車体価格にプラスαがあることがありますので、

 

金利以外の点も目を配るようにしましょう。

 

ディーラーローンや信販系のローンの審査は甘めですが、貸付条件が明確でない場合があり、融資を受けてから返済が大変になることがあります。

 

中古車購入に信販系のローンを使うと、ローンの支払いが終わるまでは車の持ち主は販売店という形になるので注意をしましょう。

 

中古車購入の際にいちばんおすすめなのが、ファイナンス系の自動車ローンです。

 

自動車ローンの審査も柔軟で、金利を最近は低くなってきています。

 

信販系の中古車ローンと違って、買った時に名義が移動するというメリットもあります。

 

中古車購入の際にローンを組む場合にはさまざまなローンの中から自分に合ったものを選択することが大切です。

 

自動車ローンは用途が明確なので、審査が比較的通過しやすいといえます。

 

自動車ローンの金利と、マイカーローン比較しておくことがおすすめ

 

車を買う時にローンを組む人が多いですが、金利を十分に検討せずにローンを組むと後悔することになります。

 

少しでも金利がお得なローンを組んだほうが支払いは安くすみます。自動車販売会社で自動車ローンを組めば、審査のハードルはさほど高くありません。

 

しかし、ディーラー提携ローンは金利が高いことが多いようです。期間を限定して、低金利で融資を受けられるキャンペーンを行っている場合もあります。

 

自動車ローンを利用する時はキャンペーン時期を狙うのもいいでしょう。

 

ディーラーの取り扱っているクレジットカードから、自動車ローンを借りるという手法もあります。

 

ディーラーにマージンが入ることになっているので、交渉次第で金利の引き下げをしてくれることもあります。銀行が取り扱う自動車ローンもあります。

 

銀行で取り扱っている自動車ローンは、ディーラーの提携するローンより低金利で融資が受けられますが、審査に時間がかかり、内容も厳しめです。

 

新車を購入すると、決めたらあらかじめ審査を受けておいて、審査が通ったらどこでローンを組むか検討するのもひとつの方法です。

 

銀行のローンであれば必ず低金利とは限りません。探せば低金利での融資を行っている金融会社は見つかるものです。

 

自動車のローンを1%以下で利用することが可能ですが、低金利で購入するぶん、値引きはほとんどできないでしょう。

 

ローンの条件をよいものにしようと低金利ショップを使ったら、最終的な支払い額が増えてしまったという例もありますので、様々な角度から計算をすることが大事です。

 

自動車ローンを組むときはさまざまなローンの金利をよく検討してから選ぶようにしましょう。

 

 

自動車購入ローンを組む時に知っておきたいこと

 

ローンを利用して中古車を買うという人は大勢います。

 

中古車といっても、値段はピンきりですので、ローンを利用するのが一般的だということです。

 

しかし、中古車情報を扱う雑誌などでチェックして、安く中古車を販売しているお店で買ったものの、

 

ローンの金利が高くて出費がかさんだという人もいます。

 

中古車ローンは、一括で支払わなくてもよく、

 

返済にかかる期日と金利に応じて利息が決まり、それが手数料として加算されます。

 

ローン金利は金融機関の各社によって異なります。

 

中古車販売会社のローンは、実質年利5.8%〜8.9%ぐらいが一般的のようです。

 

借入額や、顧客の信用情報によって金利を変動させる金融会社もありますので、しっかり調べておきましょう。

 

ローンで中古車を買う場合、月々の支払いに目がいってしまいがちで、分割手数料込みでいくらになるかまで考えが及ばないことも多いようです。

 

この中古車を買いたいと思ったときに、月毎の支払いが可能そうだからという理由で決断をするのは、必ずしもいいことではありません。

 

最終的な支払い額がいくらになるかをきちんと計算した上で、カーローンの返済プランを立ててみてください。

 

中古車を購入に当たって見積もり金額を出してもらった時に、最終的な支払い額をはっきり書かないところがあります。

 

反対に金利が1.9%などの低すぎるローンにも注意が必要です。長期プライムレートと同じくらいの金利ということになります。

 

中古車ローンの融資が、優良企業への大口融資並の金利ということはまずないと考えることが妥当です。

 

不足分は、中古車自体の価格を高くして収支を合わせているのかもしれません。

 

中古車購入の際にローンを組む場合には、さまざまなことに注意する必要があるといえます。

 

自動車ローン比較 ほかにどんなマイカーローンがある?

 

多くの人が、自動車ローン(カーローン)を組んで車を買います。

 

総額が高い車を購入する場合、どういった自動車ローンを使ったかで最終的な支払い額も変わります。

 

自動車ローンの比較をする時は、どのような点に着目するといいでしょう。

 

カーローンを取り扱っているのは、

 

 

JA、

 

銀行、

 

信用金庫

 

 

などの金融機関です。

 

自動車を購入する時に限り、カーローンという形の融資が受けられます。

 

使い道が制限されているぶん、金利も低く設定されていることが多いです。

 

無担保ローンなので自動車の所有者も本人になりますので審査が厳しくなります。

 

自動車ローンを扱う信販会社の中には、自動車販売会社と提携関係を結び、

 

車を買う人がローンを使うようにあっせんしてもらうことがあります。

 

信販会社の自動車ローンは、ショッピングローンと似たものなので、

 

銀行ローンより高金利の傾向があります。

 

信販会社の自動車ローンを利用すると、ローンを完済するまで車は信販会社の所有となります。

 

審査に通りやすいのが特徴です。

 

エコカー購入時やゴールド免許保持者は金利が安くなったり、

 

借入金額に応じたポイントが入るといったような自動車ローンもあるといいます。

 

自動車ローンの貸付条件は、各金融機関によって多く異なります。

 

それぞれのローンの審査基準やサービス内容、貸付条件などをよく比較することで、いいところが見つかります。

 

車を買う前に知っておきたい残価設定ローンとは

自動車ローンの中に、残価設定ローンというものがあります。

 

車を購入する際に、あらかじめ購入する車を2〜3年で下取りに出す前提でその時点での残価設定を行い差額をローンとして支払うというものです。

 

そのまま自動車ローンを組めば、300万円の自動車を購入する場合、300万円のローンを組むことが不可欠です。

 

2年後に120万円で車を下取りに出すことにしている場合、180万円のローンを組むのが、残価設定ローンというものです。

 

ローンの返済負担が少なくなることでできるようになるのが、、長年憧れていたワンランク上の車を買うことです。

 

リース契約ににた方法のようですが、残価設定ローンでは、ローン完済後は3つの選択肢があります。

 

次の新車に買い替えるという方法が1あります。新しい車が3年も経過すれば出現するでしょう。

 

3年前にはなかった機能がついている場合も多いでしょう。次々に新車に乗りつづけたい人には嬉しい選択肢です。

 

車を当初の予定どおり販売会社に返すというものが2つめです。ライフスタイルも3年も経過すれば、結婚や就職などライフスタイルもいろいろと変わるものであるでしょう。残価を一括払いにすることで、自分で車を買い取るというのが、3つ目の方法です。

 

愛着をもって3年間も使ってきた車を、今後も自分のものにしたいとあらためて思う人もいるはずです。残価設定ローンを利用して車を買っておけば、3年後に改めてライフスタイルに合わせた車の持ち方が選べます。

 

 

残価設定ローンの注意点

 

自動車を購入するときに残価設定ローンを利用するときはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。ローン終了時点の残価は必ずしも保障されていないことです。

 

ローン終了の時点で万が一車の査定額が残価を下回ったなら、差額は支払う必要があります。

 

車に傷がついていたり、走行距離が長すぎたりすると、場合によっては査定額が下がってしまうといいます。

 

あまり残価設定ローンが向かないのは、車をいじったり、ドレスアップすることが好きな人です。ローン終了時には元の状態に近い車を返す必要があるためです。

 

自分の好きなボディカラーの車よりは、下取りが高くなる車にした方がいいというような、車選びのときに制限が下取りのことを考えるとあるのではないでしょうか。

 

残高設定ローンは値引きされていないことが多いため、最終的に車を買い取るという場合は結果的に高いお金を出して車を買ったということにもなります。

 

はじめから残価設定ローンは利用せずに、値下げ交渉をきちんと行い、支払金額を安くして車を購入したほうが、

 

数年後の買い取りを検討しているのならば良いのではないでしょうか。

 

それぞれの販売会社や提携先の金融機関によってかなり違ってくるのが、残価設定ローンの条件です。

 

ディーラー同じ系列だとしても、金利や残価設定額が店ごとに変わってくることもあり得ます。

 

同じ店でも担当者によって金利が異なることもありますので、残価設定ローンを組む時の貸付条件の確認は重要です。

 

自動車購入時に、残価設定ローンはお得なローンかどうか

 

いったいどのあたりがお得なのが残価設定ローンなのでしょうか。

 

自動車購入時にローンを組む場合、通常どおりの自動車ローンを組むべきか残価設定ローンにすべきか迷う人は多いようです。

 

月々の返済額が少なくなり、一見するとお得なようにも見えるのが、残価設定ローンです。実際はどうなのでしょうか。

 

ローン終了後に万が一車を買い取るつもりがあるなら、結果的に残価設定ローンを利用すると高くことがあるようです。

 

残価設定ローンは値引が少ない傾向にありますし、ディーラーのつける残価の設定は低めに設定されがちなためです。

 

車の買い取りは、本来いくつかの買い取り業者に査定をしてもらい、いちばん高いところに売却するのが良い方法です。

 

残価設定ローンを組むと買い取り先が車を買った販売店に限定されるため、ディーラー次第で残価が決まってしまいます。

 

残価がどこまで保障されるかにも、残価設定ローンがお得なローンになりえるかは関係しています。

 

3年後の残存価値は、残価が保障されるならある程度保障されるようです。

 

けれども車種の相場が低下して実際の買い取り価格が下がった場合には、差額を追加する必要があるといいます。

 

残価設定ローンは金利や残価の設定などで色々な条件がありますので、良い条件でローンが組めるかどうかで得になるかどうかも随分と左右されます。