横浜銀行カードローンでキャッシング

 

 

金利 1.9%−14.6%
横浜銀行の借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

横浜銀行

 

 

 

横浜銀行カードローンでキャッシング

 

横浜銀行カードローンは最近よく東横線の電車内広告でよく見かけます。

 

銀行系は審査が甘いということはなく、

 

基本的に消費者金融よりも厳しい傾向です。

 

つまり、

 

まず銀行カードローンに審査申込みチャレンジして、

 

難しければ消費者金融に申し込むことをオススメします。

 

その理由は、銀行カードローンのほうが金利が安いから。

 

そして、増額する際も消費者金融に比べて増額できる金額が大きいからです。

 

 

それでは、横浜銀行の特徴をご紹介します。

 

 

 

横浜銀行のカードローンQYQY(クイッキー)

 

横浜銀行カードローンQYQY(クイッキー)の特徴

 

金利:年4.8%ー14.6%(変動金利・随時見直し)

 

借入限度額:500万円

 

クイック審査即日回答
※ひにち、時間帯によっては即日回答出来ないケースあり。

 

申込み対象:下記居住または勤務されている方
  ・神奈川県内全地域
  ・東京都内の下記の市または区 (中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区、大田区、港区、
   品川区、町田市、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、八王子市)

 

保証人、担保:不要

 

必要書類:健康保険証および本人確認書類(運転免許証・パスポート・外国人登録証明書のいずれか)

 

※借り入れ100万までは収入証明書不要です

 

返済方式:毎月元金定額返済

 

融資方法:横浜銀行ATM、提携金融機関ATM、指定ATMのいずれか

 

返済期間:一年

 

 

横浜銀行クイッキー審査について

 

・契約時満20歳以上65歳未満の方。
・安定した収入のある方、その配偶者。
・横浜銀行で他の無担保カードローン取引のない方

 

 

横浜銀行も職場への在籍確認がありますのでご注意ください。

 

特に職場の電話番号記載がまちがっているなどの事があると、審査通過できないケースがあります。

 

横浜銀行クイッキーのメリット

 

・ケータイ、スマホ、PCから来店不要で申し込み審査可能
・横浜銀行クイッキーなら即日審査
・横浜銀行に口座がなくても申し込みOK!
・安定収入のあるアルバイト・主婦の方なら申し込み可能
・横浜銀行ATM以外でもお借り入れ・返済できます。

 

横浜銀行クイッキーなら、住宅ローン、リフォームローン、マイカーローン、教育ローン、多目的ローン、インプラントローン、デンタルローン、アパートローン、大型フリーローンなど

 

多くの使用用途で活用できます。

 

 

【横浜銀行カードローンクイッキー以外のおすすめ銀行カードローン】

 

みずほ銀行カードローン

 

三菱ユーエフジェー銀行 バンクイック

 

オリックス銀行カードローン

 

りそな銀行カードローン

 

楽天銀行カードローン

 

東京スター銀行カードローン

 

イオン銀行カードローン

 

じぶん銀行カードローン

 

新生銀行レイクカードローン

 

 

横浜銀行キャッシング審査 知っておきたい在籍確認情報

 

横浜銀行のキャッシングは銀行の預金口座を持っている人は、インターネットや郵送、電話、FAXなどで申し込みができます。

 

地域に密着をしている銀行なので、この地域で生活をしている人や就職をしている人は利用できます。

 

安定して継続した収入があり、20歳以上で69歳未満の人は申し込みができるので、幅広い年代の人が利用しています。

 

横浜銀行のキャッシングを申し込みたいけれど、会社に在籍確認の電話がないか気になっている人が多いです。

 

 

職場に金融機関から電話が掛かってくると、借金があるのがばれてしまうと心配している人も少なくありません。

 

横浜銀行は基本的には在籍確認はありますが、本人が電話に出れば問題はないですし、職場の人が電話応対をしても担当者の個人名で掛けてくれるので、職場の人にばれる心配はありません。

 

ほとんどの人は借金をしているのを知られたくないので、金融機関の担当者はきちんと配慮をしてくれるので安心して下さい。

 

横浜銀行のキャッシングは安定して継続した収入のある会社員はもちろん、パートやアルバイトで収入のある人、配偶者に安定した収入のある専業主婦も利用が可能です。

 

銀行口座を持っている人はインターネットのWEB上から申し込みができるので、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの身分証明書や50万円以上の融資を受けたい場合は、給与明細書や徴税証明書などの収入が証明できる書類が必要になります。

 

本人確認の電話を掛けてきますが、同居している家族に借金があるのを知られたくない人がほとんどです。

 

横浜銀行のスタッフに事前に連絡をしておくと、固定電話ではなく携帯電話に掛けてくれるので、家族に知られる心配はありません。

 

日常生活をしていると生活費が足りなくなったり、冠婚葬祭の予定が入ったり、家族が急病になって医療費が必要になるなどの出費がかさんでしまうことがあります。

 

消費者金融や信販会社は銀行に比べるとやや金利が高いので、信頼性の高い地元の銀行を利用したい人が増加しています。

 

横浜銀行は地域に密着をした信頼性の高い銀行なので、

 

消費者金融や信販会社に比べると低金利で利用できるので、20代から50代以降の人まで幅広い年代の人に人気があります。

 

パソコンやスマートフォンの操作が苦手な人は、電話やFAX、郵送などでも申し込みができるので、書類に必要事項を記入して申し込んで下さい。

 

消費者金融や信販会社などでも在籍確認はありますが、横浜銀行でも定職に就いているか確認をするために、職場への在籍確認は義務付けられています。

 

大学生や専門学校生、主婦の場合はパートやアルバイトの人が多いですが、職場に在籍確認があるか不安を感じている人が少なくありません。

 

パートやアルバイトで勤務をする人も増えていますが、一定の審査基準を満たしていたり、職場に在籍確認が取れた時は問題なく融資が受けられます。

 

職場の人に知られずにキャッシングを利用したい人が多いですが、金融機関はプライバシーに配慮しているので、他人にばれる心配はほとんどありません。

 

横浜銀行の担当スタッフは親切で丁寧な応対が特徴になっており、金融機関名で掛けてくることはないので、安心して下さい。

 

横浜銀行のキャッシングは審査に受かるとカードを発行してくれるので、銀行ATMやコンビニATMで融資を受けたり、返済ができるので利便性が高いです。

 

事前に銀行の窓口で自動引き落としを申し込んでおくと、返済日を忘れてしまうことはないので、仕事や育児で忙しい人にお勧めです。

 

現代はほとんどの人が何らかの債務を持っていますが、身近な家族や職場の人には知られずに利用したい人がほとんどです。

 

横浜銀行は地元でも評価の高い金融機関なので、プライバシーには配慮をしていますし、郵送物も送られてこないので家族に知られる心配はないので安心して利用できます。

 

利用明細や利用限度額はパソコンやスマートフォン、タブレットから確認ができるので、支払いを延滞させたり、遅延などがない場合はばれる心配はありません。

 

横浜銀行では支払いを延滞させたり、遅延をさせた時は催促のハガキなどが届く可能性があるので、きちんと返済日にお金を返すことが大事です。

 

20代の若い人は初めて銀行のキャッシングを利用したい人が多いですが、なるべく債務があるのを知られたくないと考えています。

 

横浜銀行は信頼できるスタッフが在籍をしており、お金の悩みを相談しやすいので、20代から、60代以降の人まで幅広い年代の人が融資を受けています。

 

借金というとマイナスなイメージを持っている人が多いですが、現代は何らかの債務は誰でも持っているので、

 

計画的に利用できる人は上手に活用すると利便性が高いのが特徴です。

 

きちんと債務を完済できる人は銀行の信頼も厚いので、問題なく融資が受けられます。

 

横浜銀行は在籍確認は必ずありますが、他人にばれる心配はないので安心して下さい。

 

横浜銀行カードローン審査基準 職場への在籍確認 勤務先連絡電話されたくない

 

横浜銀行カードローンは、横浜銀行が提供しているキャッシングサービスです。審査の過程でその人に対する与信枠が決定されて、それが限度額になってその範囲で好きな時にキャッシングをすることができる仕組みです。

 

消費者金融の提供するカードローンと使い方は変わりませんが、銀行が提供するカードローンなので総量規制の影響を受けず、金利も低いのが魅力です。申し込みは横浜銀行のホームページから24時間申込むことができます。来店不要で申し込むことができますので、近くに横浜銀行がないという方の利用もしやすく便利です。
そして、横浜銀行カードローンの審査は速い方です。消費者金融業者の場合は即日審査も一般的ですが、銀行系のカードローンは全体的に審査が遅い傾向にあります。しかし、横浜銀行カードローンの場合は、最短即日で審査が完了します。つまり、うまくいけばその日のうちに利用することもできるわけです。

 

したがって、早く融資を受けたい人が選ぶのにも適しているといえるでしょう。それでいて消費者金融業者に比べると金利が低いですから、同じ金額を借りるなら明らかにこちらの方を選択した方がお得です。横浜銀行の口座が必要になりますが、持っていなくても申し込みはできます。

 

すでに持っている場合は契約まですべてネットで完結させることができるので、とてもスピーディーになります。持っていない場合は契約書類を印刷して郵送またはファックスで送信する手間が入りますが、銀行の店頭にはいかなくても良いですし、FAXならタイムラグも少ないため、こちらも比較的短時間で契約まで持って行くことが可能です。WEB完結の手続きの場合は本人確認もWEBで行いますので、これも時間がかからないことにつながっています。

 

収入証明書の提出は、借り入れ限度額が50万円以上を希望する場合に求められます。50万円以上を希望する場合はあらかじめ用意しておくと円滑に手続きをすることができます。収入証明書として活用できる書類は、源泉徴収票や納税証明書などになります。詳しくは、横浜銀行のホームページで確認するか問い合わせをして確認しておいてください。

 

審査結果は電話で伝えてもらうことができるほか、WEB完結の手続きの場合はメールで知らせてくる場合もあります。これは最短で即日となります。

 

その後カードが発行されて、自宅まで簡易書留で贈られてくるので受け取って利用開始可能です。ちなみに、インターネットバンキングの契約をしている場合は、カードを使わなくてもインターネットで借入、返済をすることが可能なので便利です。

 

横浜銀行カードローンの審査においては、当然在籍確認や職場連絡の電話はあります。これはどこも同じことで、横浜銀行カードローンに限ったことではありません。

 

貸す側は、きちんとその人が申告している通りに働いているのかといったことを確かめる必要があるからです。そうでないと、別人が嘘を言って借りることができるようになってしまいますし、返済能力がないのに貸してしまえば損失を被ることになります。そのため、この点はきちんと行われることになります。

 

在籍確認の電話があるとなると、横浜銀行カードローンに申し込んだことがばれてしまうのではと心配する方もいるかもしれません。

 

しかしその点はあまり心配する必要はありません。銀行名を名乗らずに一般の電話を装ってかけてくれるからです。これはクレジットカード会社や他の消費者金融、銀行等が在籍確認の電話をかける場合も同じ事です。

 

したがって、仮に何らかの確認の電話かと思われたとしても、上記のいずれかは判断することはできませんし、クレジットカードの申し込みなら一般的に印象は悪くありませんし、社会人なら持っているものですから作ったと思われても問題はないでしょう。したがって、在籍確認の点はあまり気にしなくても良いです。

 

家族に郵送物が贈られてくることでばれるのではないかという点については、最初の郵送物の受け取りさえしておけばばれません。

 

最初の郵送物とは、カードが入った簡易書留です。その他には郵送されてくることは滞納をするなどのことがない限りバレません。逆に言うと、カードは必ず送られてくるので、これを自分で受け取ることができなければばれてしまいますから注意するようにしてください。

 

口コミを見ると、契約社員やアルバイトでも借り入れをできたケースがあることがわかります。特に正社員と限定しているわけではありませんので、非正規雇用の方でも申し込みをすることができますし、審査に通る可能性はゼロではありません。

 

ただし、それらの場合は安定しているとは言えない職業であるため、やや審査は厳しくみられると思っておいた方が良いでしょう。仮に通っても限度額が渋めに設定されることもあります。これについてはケースバイケースなので、実際に審査を受けて結果を見るまではわかりません。