障害年金でもお金かりれるクレジットカードある?安心おすすめなところ

障害年金でもお金かりれるクレジットカードありますか?障害者でも借りれる安心おすすめなところ

 

最近では年金受給者でもキャッシングができる時代になってきています。

 

年金の種類には老齢年金、障害年金など色々な種類があります。

 

老齢年金は高齢者になってから支給される年金で、障害年金は障害を抱えていて思うように働けない人に支給される年金です。

 

「障害年金でもかりれるの?クレジットカードを作れるの?」と疑問に感じる方もいると思いますが、申し込みもクレジットカード作成も可能です。

 

クレジットカードの利用条件は18歳以上で安定した収入があることです。障害年金は定期的な安定収入としてカウントされますので、申し込みができます。

 

障害年金を受け取っている人がクレジットカードを作るときに注意したい点があります。それは年間の年金受給額です。

 

多く貰っている場合は限度額もそれなりに多くはなりますが、あまり支給されていない場合は限度額が下がります。

 

また、身体的な障害なのか、精神的な障害なのかでも、クレジットカードを作れるか作れないかが分かれます。

 

身体障害者一級でクレジットカードを作れた人もいれば、精神障害者二級でつくれなかった人もいます。

 

クレジットカード会社によって審査基準が違いますので、一概に借りられる・借りられないの判断はできませんが、

 

障害者年金だからと言って絶対に審査が通らないと言ったことはありません。

 

月々に支給されている年金額、居住形態、家族の有無、仕事の有無なども関係してきます。

 

まずはクレジットカード会社に申し込みをしてみることをおすすめします。

 

様々な会社でクレジットカードを作ることができますが、中には審査になかなか通りにくい会社もありますので、申し込むときには注意してください。

 

月々の支給額によりますが、あまりにも金額が少ないと審査に通る確率は低くなります。

 

クレジットカード会社は返せる見込みのある人に融資を行いたいと考えているからです。これは普通の人でも障害を持っている人でも同じです。

 

障害年金以外の収入がある場合(作業所などで働いているなど)は、限度額が増える可能性があります。

 

ちゃんと月々の収入があるということを、クレジットカード会社側に証明できればクレジットカードを作れない、お金を借りられないと言ったことはほとんどありません。

 

障害年金があり、返済できるお金も問題なく用意できるのに、クレジットカード会社に審査を落とされ続けている場合は違う原因があるかもしれません。

 

例えば、自己破産などの債務整理をしたことがある、または他社で延滞を繰り返してしまったなどです。

 

信用情報や延滞情報などは、クレジットカード会社やキャッシング会社、銀行などで情報を共有しています。

 

これらの情報は長期間記録され、期間中はクレジットカードも作れない、お金を借りられないと言った事態が起こります。

 

情報が消えるまで数年間はかかりますので、自己破産や延滞をしてしまっている人がクレジットカードを作るのは困難と言えます。

 

自己破産や延滞をしていないのに審査に通らない人は、支給額や属性、申し込み方に問題があるのかもしれません。

 

複数のクレジットカード会社へ同時に申し込みを行っていると、審査に通らないと言われています。

 

クレジットカード会社に立て続けて申し込みをしている場合も、同様のことが言われています。

 

申し込む時は手当たり次第ではなく、じっくり検討したうえで申し込むようにしましょう。

 

これはキャッシング会社でも同じなのですが、連続して申し込みをしたり、複数の会社に申し込むと、

 

「この人はなぜ色々なところに申し込んでいるのだろう?」と、怪しまれてしまうのです。

 

クレジットカード会社も様々な情報を共有していますので、疑われてしまうような行動は避けた方が無難と言えます。

 

障害者といってもしっかり審査してくれますので、恐れたり不安にならずに大手の消費者金融の審査に申し込ん見てください

 

→ プロミスカードローン

 

 

障害者年金で車のローンを組むことはできる?精神障害2級だけどカーローン組みたい

 

年金と言えば、65歳以上の高齢者が受給できる老齢年金が真っ先に思い浮かびます。

 

しかし、この他にも被保険者が死亡した場合に遺族に支給される遺族年金や、病気やケガなどで仕事に支障が出る方を対象とする障害年金があります。そして、老齢、遺族、障害のいずれかに関係なく、年金を担保に借り入れを行うことはできます。つまり、障害者年金ローンを組むことは可能ということになります。

 

しかしながら、年金生活者の多くは年金のみで生活を行っているため、返済が容易ではないという事情があります。そこで、年金でローンを組む際は、以下の特定の金融機関を利用しなければならないことがルール化されています。

 

その金融機関の一つが、独立行政法人福祉医療機構(WAM)です。福祉医療機構では、年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業が実施されており、一定の条件を満たすことによって障害者年金ローンを組むことができます。融資金額は10万円から250万円であり、返済利率は平成29年9月1日現在で2.1%となっています。

 

連帯保証人を立てるのが原則となりますが、信用保証制度を利用し、保証金を支払った場合は保証人が不要です。もう一つの金融機関は、日本政策金融公庫です。

 

日本政策金融公庫では恩給・共済年金担保融資が実施されています。低利率なのが魅力ですが、お金の使い道が住宅購入資金や事業用資金に限定されているため、カーローンには利用することができません。つまり、障害者年金でカーローンを組むためには、福祉医療機構の利用が欠かせないということになります。

 

なお、ごくまれに年金を担保に借り入れができるとする民間の金融機関が見られます。しかし、これは違法行為です。後々法外な利息を請求されるなど、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。安易に契約するような行為は絶対に避けましょう。

 

では、福祉医療機構の障害者年金ローンを利用するうえでの注意点に迫ります。最も大きな注意ポイントは、ローンを組んだ後の年金収入が大きく減ることです。福祉医療機構の年金ローンの返済は、支給される年金から直接天引きする方法によります。

 

つまり、ローンの返済が終了するまでの間、収入が減ってしまう格好となります。カーローンを組む際には、返済プランだけではなく、その後の生活への影響も考慮しなければなりません。さらに、このローンでは審査に3週間程度の期間がかかります。したがって、緊急に車を購入したいというケースには適していません。

 

 

障害者年金でカードローン審査通過できる?どうしてもお金借りたい

 

障害者で働くことはできないけど、お金を借りたいという方は少なくありません。障害者と一口に言っても様々ですし、移動手段に車が必要、冠婚葬祭にまとまったお金がいるなど入用なこともあるでしょう。

 

そこで、どうしてもお金が必要な時に検討するのがカードローンです。

 

カードローンの契約には返済能力が必須条件なので、返済できる充てがないと融資はしてもらえません。障害者の方だと障害者年金を受給しているため、これを返済能力として審査をしてもらえないかと考える方もいます。

 

しかし結論から言えば、障害者年金でカードローンの審査に通過できることはできないでしょう。

 

カードローンでは「継続的に得ている安定した収入」を一つの基準にしているため、収入ではない障害者年金では審査の対象になっていません。ならば、障害者はお金を借りることを諦めなくてはいけないのでしょうか。

 

障害者でもある方法でならお金を借りることはできます。それが、独立行政法人福祉医療機構の障害者年金ローンを活用する方法です。

 

障害者年金ローンは、障害者年金を担保にお金を借りるローン商品です。

 

年1.6%という低金利で借りることができ、連帯保証人は必要ですが信用保証制度を活用することもできます。融資額は10万円〜200万円の範囲で1万円単位、年間受給額の0.8倍、1回返済額の15倍以内の3つの要件を満たす範囲で融資されます。

 

お金を借りるには、独立行政法人福祉医療機構代理店と表示されている金融機関で借入れの申込みができます。まずは年金を受給している銀行や信用金庫で確認してみましょう。場合によって独立行政法人福祉医療機構代理店への口座変更も必要になります。

 

返済は、受給額から返済額が差し引かれた金額が口座に振り込まれます。そのため、障害者が自らお金を管理して返済をしていく必要がありません。よって、一般の債務者のように返済ができなくなるというリスクもありませんが、完済までは一部の受給額が受け取れなくなるため、自分で判断できない場合は近親者と相談の上で申し込むことも必要です。

 

障害者年金受給者でも、もしも働いて収入を得ているのならカードローンの審査に通過することも不可能ではありません。ただ、健常者に比べて収入が低い、お金の管理ができないという方もいますので、よく考えなくてはならないでしょう。

 

また、どうしてもお金を借りたいなら国の貸付制度である生活福祉資金貸付制度をはじめに検討するのがおすすめです。

 

障害者手帳を持っていてもお金借りれる?知的障害、精神障害でもキャッシングしたい

 

障害者手帳を持っていても条件さえ満たしていればお金を借りることはできます。独立行政法人福祉医療機構が提供している年金担保貸付なら、かなり低い金利で借りることが可能です。年金担保貸付は老齢年金だけでなく、障害年金、遺族年金も対象となります。障害者年金ローンとしては、独立行政法人福祉医療機構の年金担保貸付だけが国が認めた機関となるようです。これ以外の機関から年金を担保としてお金を借りることはできません。

 

障害年金を担保としてお金を借りるためには独立行政法人福祉医療機構の年金担保貸付を利用する必要があります。しかし、障害年金を担保としないのであれば金融会社からお金を借りても違法とはなりません。知的障害、精神障害でも一般的なカードローン・キャッシングを利用することができます。

 

消費者金融の場合、「働いていて安定した収入がある方」という条件がついていることが多いでしょう。働いているということが条件となっている場合、障害年金のみが収入の方は申し込みができません。障害年金を受給しながらアルバイトでもよいので働いていて一定の収入を得ているなら可能性があります。

 

クレジットカードの場合ですと、働いておらず障害年金のみで生活をしている人でも審査に通ることがあるようです。インターネットの体験談を見ていると、障害年金のみでもキャッシング枠が30万円ついたクレジットカードの審査に通ったというものがあります。

 

障害年金が安定した収入とみなされるかどうかは金融会社の判断によりますので一概には言えません。インターネットの体験談などを見ていると、クレジットカードのキャッシング枠ならば比較的審査に通りやすいようです。クレジットカードに申し込みをするときにはキャッシング枠はつけないほうが審査に通る可能性は上がります。キャッシング枠をつけるにしても限度額は10万円などの少額にしておいたほうが審査に通りやすくなります。

 

障害者手帳を持っている場合、申し込みのときに申告をする義務があるかどうかですが、申告する義務はありません。障害者手帳を持っていても働いていて安定した収入を得ている人ならば申し込みの資格はあります。

 

しかし、障害年金を受給している人は、それが収入としてみなされる可能性があるので申告をしたほうが有利になるでしょう。例えば、アルバイトで年収200万円だが、それに加えて障害年金ももらっているならば審査で有利になるはずです。

 

 

障害者の融資制度は 即日融資可能な消費者金融はある?

 

急にお金が必要になった時に頼るのが消費者金融です。利便性が高いので多くの方が利用していますが、消費者金融は返済能力が重視されるため、障がい者の方でも貸してくれるのかが気になるところです。

 

結論から言えば、障がい者の方でも融資可能な消費者金融はあります。

 

消費者金融の申し込み条件は「20歳以上で安定した収入を持っている人」です。そのため、障がい者でも20歳以上で仕事をしていれば申し込むことはできます。

 

即日融資の締め切り時間に注意し、インターネット申し込みや無人契約機を利用すればその日のうちにお金を借りることも可能です。ただ、審査があるので実際に融資を受けられるかは消費者金融の基準ごとに変わるでしょう。

 

消費者金融は比較的審査基準が甘いとされているので収入があれば利用することは不可能ではありませんが、その前に国の貸付制度を検討することをおすすめします。
国の貸付制度は低所得者、高齢者、障がい者が対象の生活福祉資金貸付制度です。連帯保証人がいれば無利子、連帯保証人がいない場合でも年1.5%というかなりの低金利でお金を借りることができます。

 

消費者金融のような利便性は低いですが、より安全で、お得にお金を借りることが可能です。

 

さて、仕事をしていなく障害年金の受給だけで生計を立てている方は、借りられる消費者金融は原則なく、生活福祉資金貸付制度も利用できません。もしも融資が可能な消費者金融があるとすれば違法業者の可能性が高いので気を付けなくてはならないでしょう。

 

ならば障害年金だけで生活をしている障がい者はお金を借りることができないのかと言えばそういうわけでもありません。

 

障害年金受給者は、障害年金担保貸付制度として独立行政法人福祉両機構でお金を借りることができます。

 

障害年金担保貸付制度は、独立行政法人福祉医療機構代理店になっている金融機関で申込みが可能です。

 

ゆうちょ銀行、農協及び労働金庫等では取り扱っていないので、独立行政法人福祉医療機構代理店で年金受取口座の変更手続をしなくてはなりません。障害者年金ローンという商品で取り扱っているので確認してみましょう。

 

連帯保証人が必要となりますが、保証人が用意できない場合は信用保証制度を活用できます。

 

年1.6%で借入れができるので、国の貸付制度同様にかなりの低金利でお金を借りることが可能です。また返済は、支給額から返済額が差し引かれた残受給額が振り込まれるため、自分で管理していかなくてもきちんと返済ができます。